公的保険(社会保険)の医療保険.comのTOPに戻る
「公的保険(社会保険)の医療保険.com」トップ >  健康保険について > 健康保険における被扶養者の条件と給付内容

健康保険における被扶養者の条件と給付内容

健康保険健康保険は、日本の社会保障制度の一つです。
社会保障制度には年金制度・健康保険制度・雇用保険制度の三つがあり、いずれも被保険者と被扶養者とは同一基準でみなされ運営されています。

被扶養者とは、
就学中の子供
年収が130万円未満の配偶者
年収が130万円未満の同居の親族(三親等内)
のいずれかの条件を満たしている人のことを言います。

Sponsored Link

単身赴任の場合や、子供が遠くの学校に入学するなどにより離れて暮らす場合は「別居」の申請が必要になります。
健康保険証は、以前は世帯ごとに1枚交付されており、被保険者・被扶養者全員が記載されていました。しかし現在はカード化されて被保険者、被扶養者一人ずつに発行されています。
日常生活において、医療機関でも身分証明書としても使用頻度が高いので大変便利になりました。

健康保険の被保険者と被扶養者とは、保険制度の適用の上でも同一の扱いがされています。健康保険の給付金適用内容をいくつか具体的に見てみましょう。

被保険者
<病気やケガなど>
  療養の給付
  入院時食事療養費
  入院時生活療養費
  保険外併用療養費
  訪問看護療養費
<緊急移送時>移送費  
<出産時>出産育児一時金  
<死亡時>葬祭費  

被扶養者
<病気やケガなど>
  銑 家族療養費
  家族訪問看護療養費
<緊急移送時>家族移送費  
<出産時>家族出産育児一時金  
<死亡時>葬祭費  

また、医療費の支払いの自己負担が高額となった場合の高額医療費の支給と高額介護合算療養費の支給があり、これらも被保険者・被扶養者ともに同じく支給されます。

関連コンテンツ

健康保険の加入の分類について

日本では、「国民皆保険制度」によって日本国内に住む全国民が必ず何らかの健康保険に加入することが定められています。外国人も日本に一年以上の在留資格があれば含まれます。 健康保険とは公的医療保険制度のこ・・・

健康保険での扶養と税法上での扶養との違い

健康保険における扶養についての説明をしましょう。 健康保険での扶養とは、社会保険における扶養基準のことをいいます。すなわち、収入のない子供・年収が130万円未満の配偶者・三親等内の親族(年収13・・・

健康保険の任意継続の手続きと保険料について

日本の健康保険はいくつかの種類に分類され、日本国民は必ず何かの保険に加入しなければなりません。その中でも基本的に強制加入となっているのが、政府管掌の健康保険、企業グループなどによる健康保険組合、共済組・・・

健康保険被扶養者異動届の手続きと条件について

健康保険の被扶養者に認定されるためには、いくつかの条件をクリアした上で健康保険被扶養者異動届を提出しなければなりません。 まず、健康保険の被扶養者としての認定基準は次の通りです。 ・主として被・・・

退職した場合の健康保険の加入方法

仕事を退職した場合の健康保険の扱いについてご説明しましょう。 原則として、退職すると翌日には健康保険の資格は喪失します。その場合、何らかの形で健康保険に加入しなければなりませんが、方法はいくつか・・・

高額医療に対する健康保険の給付内容

病気やケガなどで医療機関にかかり、場合によっては医療費が高額になることがあります。 健康保険では、そのような高額医療によって自己負担額が著しい場合、一定の限度額を超えた分を給付する制度を設けています・・・

健康保険の高額医療費支給の条件

病気やケガをして治療したときの医療費は、定められた割合で自己負担分を支払います。 自己負担額が著しく高額となった場合は、高額医療費として健康保険より支給を受けられます。その人の所得によって定められた・・・